ひなげし梧簡

A-Z Lyrics Database
晩云梧簡 » C » 科絶える梧簡 » ひなげし梧簡

科絶える - ひなげし

  • 恬爆魂弊笋┐
  • 恬~魂弊笋┐
  • さいごに住わした冱~の弼
  • Qして弼擁せることはなくて
  • 噴匚、為匚とrがUっても
  • 埴に竃氏える侭
  • 1繁貧げた匚腎にDいた
  • 雑は楳くきれいな從雑
  • 埴がいない弊順で伏きてく
  • Wを、峭めるs崩
  • いつかはえていくの 伉咯ぐwは
  • Kわりが栖ると岑りながら
  • 篠り耶いたいとった
  • 検ついてばかりいた
  • それでもWだけを駅勣としてくれてたんだ
  • ラ認の送佛に叺れた
  • 返と返 _かに、い任燭呂
  • 丶も冱~も梁もりも もう埴に曙かない
  • 枠阜ばしにばかりしてたW
  • 埴の李むことを採匯つしてあげれなかった
  • 房いは勅るばかりでれない
  • この憂もこの串も埴がいないのなら
  • この伉も悶も吭龍がないと房えた
  • これほどまでにく 房える繁に竃穴えたWは侑せものだよね
  • ゆらりら 掴Lと はなびら
  • 仝僕りなさい々とくL
  • 日いて日いて罎眇櫃豺て
  • 欧譴覆ち黍
  • 錣任困襪て恟侮い 埴はlよりも曚靴と
  • 仝あなたの祇のKわりで暴 いつまでも棋っています々と
  • 仝さよなら々
  • 音匂喘なWは埴の朕をてじゃないと冱えない
  • もう富しだけ
  • あと富しだけ房いAけるから そのときまで


  • 委科絶える議ひなげし梧簡薮欺何鯛鯉。

    科絶える議恷仟梧簡
    科絶えるひなげし梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2018 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓科絶える ひなげし梧簡