ひだまり梧簡

A-Z Lyrics Database
晩云梧簡 » A » AyaRuka梧簡 » ひだまり梧簡

AyaRuka - ひだまり

  • 恬~: 峪勸暇姜
  • 恬爆: 寒弥歪
  • ヌ: 寒弥歪
  • きみが くれた 冱~たちは
  • すてき だけど iも 謹いから
  • いつも ひとりきりのとき
  • その吭龍に 櫃鼎
  • あとに なって やさしさを岑る
  • ありがとうを 冱いに 弖いかける
  • なのに きみは その枠を Mんでいて
  • 弖いつけないままで
  • 高が符す 苧るい晩のほうへ 恠ろう
  • きっと そこできみが みえるね
  • のなかを Mむはずがない
  • 湊の叔業で 、砲覆觝瘤を
  • まもりぬけるくらい 互く く 孚らしたいよ
  • しなやかな ひだまりのように
  • きみが わらい ふりむいたとき
  • くらくなったがわの ]には
  • うまく した つもりでも
  • 罎両 孵りたたまれていた
  • だまったまま 俟の笋里覆に しまおう
  • そっと しててあげたい ことなら
  • たった1つ できる 枠まわり
  • 高と唹たちが ちらちらする 直もれ
  • つつんでしまいたい Sしいかなしい どの襪い
  • 哲かな ひだまりのように
  • 丶の硫をひいて きみはまた その枠へ
  • つつんでしまいたい 耙しいくやしい この襪い
  • 湊の叔業で 、砲覆觝瘤を
  • まもりぬけるくらい 互く く 孚らしたいよ
  • しなやかな ひだまりのように
  • xれても よりそえる こころ


  • 委AyaRuka議ひだまり梧簡薮欺何鯛鯉。

    AyaRuka議恷仟梧簡
    AyaRukaひだまり梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2018 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓AyaRuka ひだまり梧簡