もしも、あのときE梧簡

A-Z Lyrics Database
晩云梧簡 » # » _ひろみ梧簡 » もしも、あのときE 梧簡

_ひろみ - もしも、あのときE

  • 恬~: 防小励隻
  • 恬爆: 圻匯鴬
  • ヌ: 寔鍋俐
  • もしもあのとき宇きしめていたら
  • Wらはどんな祇をxんだだろう
  • もう穴えないとわかっているほど
  • 埴はそばにいる
  • これでいい そう 房いzませて
  • ふれていた返を 絶たく盾いた
  • eの侑せにどこかで
  • 埴が竃穴うように
  • あれからの晩?すべて笋錣辰
  • ありふれたまま寄繁になった
  • rは火吹な曚靴
  • Wにいかけるよ
  • もしもあのとき払ったものが
  • たったひとつの寔gと冱うなら
  • 伉はいまもどこにも佩かない
  • 埴のためにだけ
  • 逗しみさえも
  • Wにはあたたかい
  • 侮いになるとしても
  • そこにはふたりの
  • _かにふたりの
  • 曚Aいてる
  • もしもあのとき宇きしめていたら
  • Wらはどんな祇をxんだだろう
  • もう穴えないとわかっているほど
  • 埴はそばにいる


  • 委_ひろみ議もしも、あのときE梧簡薮欺何鯛鯉。

    _ひろみ議恷仟梧簡
    _ひろみもしも、あのときE梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2018 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓_ひろみ もしも、あのときE梧簡