どこまでアバンチュ`ル梧簡

A-Z Lyrics Database
晩云梧簡 » # » _ひろみ梧簡 » どこまでアバンチュ`ル 梧簡

_ひろみ - どこまでアバンチュ`ル

  • 恬~: ヘンリ`篋笥
  • 恬爆: ヘンリ`篋笥
  • ヌ: 寄翫囘席
  • よこしまな欒屬舛世辰 寔匚嶄のアクシデント
  • ほのかにワインで半めた棺があだっぽくて
  • 啝りながら 竃氏いキッスして
  • そのまま劾 屈繁哭えた
  • 殆次にまとう劾の高 奈く朕啌くて
  • いつもの溺のように宥り^ぎて
  • 匯匚の錣譴世韻世繁爾辰燭里
  • そっと笥棺なぞればAしゃな欄jみつくよ
  • 母れた皮型游み どこまでアバンチュ`ル
  • Zれた碧課で課を い峺に豫んでは
  • アバン ギャルドにやろうよ それがお念の笥餘
  • Lいをかき貧げながら
  • とぎれとぎれに爰る冱~
  • 採もかもが畠て傳しく耙しく きわどくて
  • ときめき iめき なまめき eれる咾
  • このまま そのまま nいを蜘めた憂
  • ときめき iめき なまめき eれる咾
  • このまま そのまま nいを蜘めた憂
  • 絋れた悶 嶷なれば 楳いR曇恠るよ
  • 母れた皮型游み どこまでアバンチュ`ル


  • 委_ひろみ議どこまでアバンチュ`ル梧簡薮欺何鯛鯉。

    _ひろみ議恷仟梧簡
    _ひろみどこまでアバンチュ`ル梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2017 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓_ひろみ どこまでアバンチュ`ル梧簡