ありのままでそばにいて梧簡

A-Z Lyrics Database
晩云梧簡 » # » _ひろみ梧簡 » ありのままでそばにいて 梧簡

_ひろみ - ありのままでそばにいて

  • 恬~: 寒臭胆栂徨
  • 恬爆: 寒臭胆栂徨
  • rはただWのために 送れてくはずだった
  • 徭蛍參貧にlかを 房う晩が栖るなんて
  • 仟しい励には 丑しいhもあるだろう
  • だけど埴がいるかぎり 蕗を酢らしhうよ
  • 埴というそのさ 埴というそのさ
  • 埴というそのしさの嶄で
  • Wは櫃鼎い討い ずっと冥していく
  • 苧晩のためにできること
  • 弖いかけてもがくうちに 瑤椀里笋┐
  • 採Iへ鬚っていたのか えなくなる晩がある
  • そんなときWはいつも 匯云の直を貧げ
  • 採があってもぶれない 「り余を岑るんだ
  • 高が埴を孚らし 嚏が埴を絋らし
  • Lが埴を黛にしても Wが湿になる
  • ずっとつめている ありのままの埴のこと
  • つかずにiきたくて Bなに]ざした晩?もあった
  • 埴と啾櫃困燭気譴 払くすものは もう採もoいから
  • 埴というその丶 埴というその
  • 埴というその謎Eに竃穴い
  • Wは櫃鼎い討い 泙蠅△訝は曚垢襪燭瓩
  • 高が埴を孚らし 嚏が埴を絋らし
  • Lが埴を黛にしても
  • Wが湿になる ずっと曚靴討い ありのままの埴のこと
  • だから芦伉して Wに附をゆだねて ありのままでそばにいて


  • 委_ひろみ議ありのままでそばにいて梧簡薮欺何鯛鯉。

    _ひろみ議恷仟梧簡
    _ひろみありのままでそばにいて梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2017 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓_ひろみ ありのままでそばにいて梧簡