憂ひらいて梧簡

A-Z Lyrics Database
晩云梧簡 » # » みつき梧簡 » 憂ひらいて 梧簡

みつき - 憂ひらいて

  • 恬~: 寒襪△
  • 恬爆: 寒襪△
  • ヌ: 嚼谷弥嬋雰
  • いくつもの瑤鰆辰肇りにしてきたね
  • 靖めているだけで 返も阜ばせなかったよ
  • lかによりかかってみたけれど笋錣蕕覆て
  • _けないドアの念 うつむいて採もできずにいる
  • 憂ひらいてつめたいよ どんな祇へMむべきかな?
  • 寳える怎もiきAければ いつかくなるだろう
  • lかに駅勣とされることをって
  • ただ繁匯蔚の丶が圀しかったんだ
  • 溝鏡の今で咯ぎ藤れたのかもしれない
  • あたたかいしさがWを書照ってくれたんだ
  • 憂ひらいてつめたいよ Wにできることは採かな
  • 隆栖はこの返で笋┐蕕譴襪發
  • 書からでもやれるよ
  • Wが貧げた腎は
  • 書でもこの俟に啌し竃されているよ
  • こぼした罎「り祇 きっとWの伉の嶄さ
  • ^肇もすべて鞭け秘られたなら あとは未み竃すだけさ
  • 憂ひらいてつめたいよ 寄並なもの払くさないように
  • 恷瘁の匯iまでが祇だから あきらめずにMもう


  • 委みつき議憂ひらいて梧簡薮欺何鯛鯉。

    みつき議恷仟梧簡
    みつき憂ひらいて梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2017 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓みつき 憂ひらいて梧簡