埖梧簡

A-Z Lyrics Database

つじあやの - 埖

  • 恬爆困弔犬△笋
  • 恬~困弔犬△笋
  • また来い埖が竃てきましたね
  • あの晩は屈繁で塁功にのぼって
  • 返と返をつないでていましたね
  • 書定もなんとかお朕にかかれて
  • このままずっとここにいようか
  • 惚てしない匚 いくつも埆えて
  • 埴と屈繁で禅に鯛ちた
  • 腎に検かぶ埖にいかけて
  • Wは埴をつめた
  • どんなしい冱~よりも
  • 己いくちづけして
  • また来い埖が竃てきましたね
  • あの晩も屈繁をにくるんで
  • 高をAけて丶いましたね
  • 書定もなんとかお朕にかかれて
  • このままそっと瑤鰔ようか
  • 擦┐蕕譴覆は襪い鰓修┐
  • 埴のとなりで曚鰆った
  • Lにeれる埖にいかけて
  • Wは埴を佚じた
  • どんな丑しい伉よりも
  • 侮い罎佞い
  • 腎に検かぶ埖にいかけて
  • Wは埴をつめた
  • どんなしい冱~よりも
  • 己いくちづけして


  • 委つじあやの議埖梧簡薮欺何鯛鯉。

    つじあやの議恷仟梧簡
    つじあやの埖梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2018 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓つじあやの 埖梧簡